ぬかにくぎ

くぎづけでした。
どうやら僕の心はぬかではなかったようです。

以前、自作堂という大工教室的なものに参加したことがあるのですが、その関係で
家作り講演会+ジャズライブに参加させて頂きました。

その会場が、[桜の圧兵衛]という300年くらい前の民家を再生したもので、
古民家が持つその雰囲気と、また古川真帆さんという、類まれなパフォーマ-によって
ものすごく密度の濃い空気がそこに生まれていて。

IMGP3393.jpg


100人くらいだったでしょうか。
古川さんはプロフィールによるとまだ30歳に届くか届かないかの若い方なのですが、
合間合間に織り込まれるMC・アドリブは人生の酸いも甘いも知り尽くしたような、
かつバリバリの関西的なノリで、またその場の空気をも止めてしまうハスキーな生声と
その全身から湧き出るような表現力によって、観衆の心をくぎづけにしていました。

IMGP3397.jpg



桜の圧兵衛はオーナーの方が自費で改修され、住まわれ、イベント等に貸し出されているよう
ですが、改修には家一軒が余裕で建つほどの手間・コストがかかっているようで。
とにかく利益優先の時代にあって、こんな素敵な場所に出会えたことに感謝!

昨日は雲州堂という蔵を改修したCAFE&イベントスペースにてライブを見てきました。
こちらはスタイリッシュな空間でしたが、ここも(行われてるイベントとマッチしてて)とてもいい
空気感を醸し出していました。




ついでに桜の圧兵衛の近所の公園を散歩してみました。
こうやって遊具をデザインしてる人がいるんですよね。
どんなちっちゃなものでも誰かが苦労して作っている。
おまけでつけたような子象が決め手です。

IMGP3343(小)


隅っこには背中にばねのついた謎の生物が居ました。
どうしてこんな顔になってしまうのか。 はてさて。
ひげが取っ手になってます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IMGP3344.jpg



最近気づいたのですが、LOTTERIAって安い割りにけっこうおいしい。





2008.05.26 | 日々のこと '06-09

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »