遥かな日々

その公園には
黒い蒸気機関車があって

運転席の下には
昔の石炭が残っている

ちいさな女の子は
その石炭の中を覗き込み

いま 化石を探しているの

といった

この住宅街の中にある
ささやかな公園にさえ
無数の物語が埋もれている

何気ない日々のひと時に
はるか昔の海の中を
旅することもできる

2016.03.26 | ことば

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »