言葉

言葉は
まるで紙ひこうき

あるときは空高くどこまでも
あるときは宙返りをして
淋しそうにぼくのうしろに
落ちていく

思った通りに飛んだときよりも
ちいさな穴や隙間に
吸い込まれるように消えていくとき

あるいは高い壁を
思いがけずに超えたとき

そんなときの方が
心はどこまでも軽くとんでいける

2016.03.26 | ことば

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »