ロックと記憶

音楽家の大友良英さんのラジオ番組で、画家の奈良美智さんが紹介していたアメリカのスリーピースバンド、スリーター・キニーが自分の中でジワジワと来ていて、ここ数日聴いている。
(※下線部のリンクは音が出るので注意)

番組内で紹介された一曲は、Anonymous。ギター二人とドラムのバンドなので、ギターがうねって絡み合うサウンド。A New Waveという曲も弦楽器同士の相性がいい。

直接関係はないが、力が抜けた系のロックとしては、clap your hands say yeah のThe Skin Of My Country Yellow Teeth も好きな曲の一つ。

ロックに限っての記憶を辿れば、中学の時に、母親のカセットテープ棚から勝手に引っ張り出して、ビートルズやホワイトスネイク、ポリスやらを、その後友人に勧められボンジョビ、高校でニルヴァーナ、ハイスタンダード、ドリームシアター、レッド・ツェッペリン・オアシス、グリーンデイ、大学でレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、スマッシング・パンプキンズ、レディオヘッドなどを聴いた。

これらの音を聴くと、これは誰々に教えてもらっただとか、初めてスタジオで弾いた曲だとか、コインロッカーから荷物を取り出すように10代や20代の時のことがとてもリアルに思い出せる。
記憶と音楽というのはいつもセットだ。

ロックについては、ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト氏の言葉で記憶に残っている言葉がある。正確ではないが「一生食えるくらいの金があっても満たされない飢餓感。それがロックンロールだ。」という趣旨の言葉だったと思う。アップルのスティーブ・ジョブズ氏の「ハングリーであれ。愚か者であれ」と同じだと思った。

甲本ヒロト氏の言葉は、香川の高松で讃岐うどんを食べた後に、ふらりと立ち寄った、本が読めるバー「半空」で見た一冊の本に書かれていた。その本は「ロックンロールが降ってきた日」というタイトルで、ぼくは無意識のうちに手に取っていた。あのときの店内の薄暗さや、高く積まれた本と、色鮮やかに並んだカクテルの瓶、コーヒーの香りもよく思い出せる。

本で思い出すのは、小学校3、4年生の頃に江戸川乱歩の小説「怪人二十面相」にのめり込んでいたこと。内容自体ははっきりとは思い出せないが、それを読んでいた時の感覚は今も覚えている。その推理小説の影響を受けて、自分で殺人事件の小説を書いて豆本を作った。犯人は自由に豹に姿を変えられる豹男という今思うとナニコレな設定だった。赤い絵の具で血糊も付けた。紙同士を糊とセロテープでくっつけた結構粗い装丁だった。

こうして本や音楽のことを思い出すと、それにまつわる沢山の記憶(苦いのも甘酸っぱいのも含めて)も付いてくる。
本も音楽と同じように記憶と一対なのだ。

2016.02.13 | 日々のこと'16-

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »