余韻

4/29本日、無事に『花と宇宙展』が終了しました。
手製の詩集もありがたいことに完売しました。
自家印刷、手描きタイトル、手縫い糸製本などによるあまりの手間に、5冊しか作れなかった希少品です。
最後に店長さんのバイオリンを聴かせて頂き、展示はこれにておしまい。
新しい風が吹いた気がしました。

20150429232037223.jpg

20150429232039847.jpg

2015042923203665c.jpg


201504292316072de.jpg

20150429231609135.jpg



花と宇宙展について

2015.04.29 | つくること

しずかな夜


耳の奥の方で鳴り響く

樹々の揺れる音
雫が土に還る音
深い海の底の音

穏やかな静寂の中で
体は確かな鼓動をうつ

音がないことが
たくさんの音を
つれてくる

2015.04.05 | ことば

«  | HOME |  »