ものづくり

今日はgreenroom festivalに行ってきました。
音楽(主にサーフミュージック)とアートのフェスです。

とにかくアーティストとの距離が近かった。
客数も適度で、最前列まで簡単にいけてしまうというこの気軽さ。
それでいてガラガラ感もまったくなく(むしろ賑わっていた)。

会場の名村造船所跡地は、舞台・講演・映画上映、音楽イベント、たまーに建築のイベントなども
行われたりしているところです。

レトロかつジャンクで、ほんとにいい空間(会場構成)でした。
いろんな人の努力が注ぎ込まれてる。

今日のベストアクトはDoubleFamous。期待以上だった。
それとイカの姿焼きが美味でした。

PICT0243-1.jpg

photo http://mixi.jp/view_album.pl?id=16150490



昨日はNUタワレコで、DE DE MOUSEという打ち込み音楽をやられている方のインストアライブ
があったのでちょっと寄ってみたのですが、そこでのVJ(バックの映像流す人)が素晴らしくて。

今まで、VJの映像は作ってきたものを微調整しながら流しているんだという理解をしていたのです
が、作ってきた素材を、DJのアドリブにあわせながら、ベストなタイミングで動かしてるんですね。
ちゃんと映像の中にストーリーもあって。

僕なんかは、形の決まった建材をいかにしっかりと固定するか考える仕事なのですが、VJや
映像作家のように、動きのあるものを動いたままつなげるっていうのは、おそらくコンマ数秒
ずれただけでもまったく違うものになるのだろうし、ほんとうに繊細なところで勝負しているんだろ
うな、と耳に飛び込んでくる音を右から左に流しながら、そんなことをクドクドと考えていました。


6月5日は西梅田で6月12日は茶屋町でキャンドルナイトと言うものがあるようです。
一部の店で夜の2時間くらい照明をオフにしてキャンドルを明かりにするという企画。
その他いろんなイベントともリンクさせてるようです。

こういうイベントを考えて実際にやり遂げれる人はほんとに素晴らしいなと思います。

こういうコツコツとしたアイディアは結構好きです。 ↓
PICT0123-1.jpg


とにかく、新しいものをつくるってことは、勇気と努力と知恵がいります。
きっと、そういうことです。

2008.06.02 | 日々のこと '06-09

«  | HOME |  »